株式会社 有明

会社情報

社長よりご挨拶

当社は、創業以来39年、「誠実な仕事」をモットーに建築物解体及び産業廃棄物の処理・処分に取り組んでまいりました。
「人に誠実」であること、「仕事に誠実」であることを社員一同の目標にして日々研鑽してまいりました。そのことで「自社施工で安全・安心」と自信をもって言えるようになってきたのだと思います。
そして現在、時代は大きく変化し、産業廃棄物の適正な処理を行うことは、地球環境の保全のために必要なことであるという認識が高まってきました。
私どもスタッフ一同は、「地球にも誠実」であることをその使命に加え、 今後もより一層、皆様のご期待に応えていきたいと考えております。

会社概要

社名
株式会社 有明
代表者名
鎌田 政春
本社所在地
東京都江東区新木場2-9-1
工場所在地
東京都江東区新木場2-9-1
創業
昭和45年(1970年)6月
会社設立
昭和50年(1975年)6月13日
資本金
10,000,000円
事業内容
  • 産業廃棄物処理業(収集運搬積替保管)
  • 産業廃棄物処分業(中間処理破砕東京都)
  • 建築物の解体請負業
従業員数
14名
取引銀行
  • 三菱東京UFJ銀行 深川支店
  • 東京東信用金庫 江東中央支店
加入組合
環境省・国土交通省認可 関東建設廃棄物協同組合
取得許可
取得許可等は、各種許可/資格ページを御覧ください。

沿革

昭和45(1970)年6月
産業廃棄物処理業〔収集運搬業)開始
昭和50(1975)年6月
有限会社有明土木設立
昭和50(1975)年9月
東京都産業廃棄物処理業〔収集運搬〕許可取得
昭和55(1980)年4月
埼玉県産業廃棄物処理業〔収集運搬〕許可取得
昭和55(1980)年4月
関東建設廃棄物協同組合加入
昭和60(1985)年1月
建築物解体請負業開始
昭和60(1985)年12月
横浜市産業廃棄物処理業〔収集運搬〕許可取得
昭和61(1986)年1月
川崎市産業廃棄物処理業〔収集運搬〕許可取得
平成1(1989年4月
千葉県産業廃棄物処理業〔収集運搬〕許可取得
平成4(1992)年7月
一般建設業許可取得
平成8(1996)年1月
千葉市産業廃棄物処理業〔収集運搬〕許可取得
平成8(1996)年1月
神奈川県産業廃棄物処理業〔収集運搬〕許可取得
平成10(1998)年7月
横須賀市産業廃棄物処理業〔収集運搬〕許可取得
平成10(1998)年7月
茨城県産業廃棄物処理業〔収集運搬〕許可取得
平成12(2000)年7月
東京都産業廃棄物処分業〔中間処理・破砕〕許可取得
平成12(2000)年7月
東京都江東区にて中間処業開始
平成13(2001)年1月
相模原市産業廃棄物処理業〔収集運搬〕許可取得
平成14(2002)年7月
さいたま市産業廃棄物処理業〔収集運搬〕許可取得
平成15(2003)年1月
船橋市産業廃棄物処理業〔収集運搬〕許可取得
平成15(2003)年7月
川越市産業廃棄物処理業〔収集運搬〕許可取得
平成16(2004)年11月
一般貨物自動車運送事業許可取得
平成16(2004)年11月
東京都産業廃棄物処分業〔中間処理・圧縮〕許可取得
平成18(2006)年2月
栃木県産業廃棄物処理業〔収集運搬〕許可取得
平成19(2007)年9月
群馬県産業廃棄物処理業〔収集運搬〕許可取得
平成20(2008)年1月
仙台市産業廃棄物処理業〔収集運搬〕許可取得
平成20(2008)年11月
宇都宮市産業廃棄物処理業〔収集運搬〕許可取得
平成21(2009)年9月
社名及び組織変更株式会社有明

産業廃棄物(産廃)への考え方

産業廃棄物(産廃)は、ゴミとしての扱いから「再生資源」として活用される時代へと着実に進歩しています。 「混ぜればゴミ、分ければ資源」ということがかなり浸透していると思います。
マテリアルとしてのリサイクルだけでなく、サーマルとしての活用も認めら発電の熱源として産業廃棄物(産廃)は多く使われています。
東京都江東区に産業廃棄物の中間処理工場をもつ当社は、産業廃棄物(産廃)を取り巻く時代の変化に対応し、循環システムを推進する役割の一端を担うべく日々取り組んでおります。
業界全体として情報公開に取り組んでいる現在、当社も更なるディスローズを通じて皆様から大きな信頼をいただけるようになりたいと願っております。
弊社の情報を詳しくお知りになりたい場合は産廃情報ネット(業者番号001584)を御覧ください。

アクセス

事業所地図

交通アクセス

【電車】
JR京葉線・JR武蔵野線
東京メトロ 有楽町線・東京臨海高速鉄道 りんかい線
各線 新木場駅より、徒歩約12分

【車】
首都高湾岸線 新木場出口より約3分